偽物の占い師は上手に本音を聞き出して霊視のように見せかけるので注意が必要です。

霊視占い鑑定の電話と対面の違いについてのまとめサイトヘッダー画像

電話占いで霊視してもらう際の注意点

指をさす女性

電話占いは霊視を得意にしている占い師が多数在籍していますが、サイトによっては半分以上が偽物です。
なぜ、わざわざ霊視ができると偽った電話占いが可能なのでしょうか?

 

それは、電話占いを利用する人には多数の共通点があるからです。
1分ごとに料金が課金される電話占いでは、早く霊視の能力を確認したいものですが、言われたことが図星だったとしてもすぐに信用してはいけません。
電話占いで霊視してもらう際の注意点を理解して、相手の実力を確かめること鑑定時間を長引かせないことを両立させるように心がけましょう。

 

 

偽物の手法

もっとも代表的な手法が、イチかバチかで適当なことを言うことです。
「あなた、ずいぶん1人で悩んでいたのね?大変だったわね。あなたは間違っていないわ」などと言っただけで霊視ができていると信じられることがあります。
他にも、「あなた高校生の時に大きな失恋をしているわね」「今でも元カレが頭の中にあって無意識のうちに比較しているのよ」などと恋愛に悩む人のあるあるネタを言う人もいます。

 

否定された場合は、上手に修正する人もいれば、対面式ではない電話占いの特性から満足度が低くてもしょうがないと割り切って考えられることがあります。
電話占いで話をしていないことの核心やそれっぽいことを言い当てられた時には、少し突っ込んで具体的に見てもらうなどの対応が必要です。

 

ただし、偽物は詳しい霊視を求められると集中するといって、数分にわたって沈黙を取られることがあります。
抽象的なことを言った後に詳しいことを問いただすと話がスムーズにいかない時は偽物の可能性が高いので早い段階で電話を切ってしまうことも必要です。

 

信憑性の確認と無駄な鑑定時間を増やさないように占い師を見極めましょう。偽物だと確証を得るまで鑑定を続けるのではなく、怪しいと感じた場合は早めに見切るを付けるのが、賢い電話占いの活用術です。

 

 

レビュー評価が高い電話占い師も偽物のケースがある

高評価のレビュー

レビュー評価が高いのに霊視ができない占い師は、口コミを偽造するケース他の方法で高い満足度を得ているケースがあります。
大手はレビュー評価の偽造を厳しく取り締まりしているので、高評価が多数あるのに何も優れた能力を持っていない占い師は少ないです。

 

霊視以外の方法で高い満足度を得る手法がメンタリズムです。テレビを見る人はメンタリストDaigoのやり取りをご覧になったことはありませんか?
彼は超能力を持っているのではなく、誘導尋問と洞察力で思っている気持ちを言い当てることができます。
同様の手法で上手に本音を聞き出して高い満足度を得ている占い師も存在します。
本音を読み解けば依頼人が喜ぶアドバイスをすることが簡単で、レビュー評価が高くなります。

 

しかし、本音を聞き出す鑑定では霊視で求めていた本来の答えとは鑑定結果が異なってしまいます。
占い師もプロなので、上手に本音を聞き出してあたかも霊視のように見せかけるテクニックを持っていることを覚えておきましょう。

 

 

本物の霊能力者を見極めるには?

偽物の手法を理解して、霊視でないと分からないことを問いただすことによって判断することはできます。
しかし、電話占いに在籍している偽物は、嘘の霊視を信じさせたり上手に自分のペースで長時間鑑定に誘導するプロです。
判断力を高めるには、知識だけではなく経験も必要です。

 

最初は各サイトのお試しポイントを使って、色々な占い師の鑑定を短時間でハシゴすると、必然的に本物と偽物の違いが分かってきます。
疑っている人や、長時間課金して満足のいく答えを得られなかった経験がある人は、悩みの結論ではなく色々な占い師の鑑定内容を比較する目的で、短時間の利用を繰り返してみてください。